せっかくなら体系的にインスグラムの使い方を知る

インスタグラムは、今ではtwitterやfacebookにも勝る、大人気のSNSとなりました。
今回はインスタグラムの基本的な使い方のポイントを、おさらいしていきましょう。

SNSの色々な使い方まずは、基本とも言えるストーリーの機能です。
通常のタイムラインとは別に、より日常的な写真や動画、ライブ配信ができます。
通常のものは24時間以内に、ライブ配信は配信終了後に自動的に削除されるのも大きな特徴で、リアルタイムでのつながりを感じられます。

ストーリーとする画像や動画を撮影するには、フィード画面上部のストーリートレイで自分のアイコンか左上のカメラアイコンをタップ、または画面の左端から右スワイプしても撮影画面に移ります。
通常の投稿と同様にタグ付けすることも可能です。
編集が終わったら、画面下部のストーリーズをタップして完了です。

次は、昨年登場した新機能「アーカイブ」についてです。
「アーカイブ」はインスタグラムに公開した写真や動画を、専用のページに保存する機能で、公開した写真や動画を他人に非公開にすることができます。
例えば、写真を投稿したがあまりいいねがつかなかった、など他にもさまざまな理由で写真を非公開にしたい時に利用します。
インスタグラムに投稿した写真や動画をアーカイブに保存するには写真を表示して右上に表示される「・・・」をタップします。
メニューが表示されるので「アーカイブに移動」を選択して、終了です。

また、ストーリーもアーカイブとして保存することができます。
ストーリーは投稿から24時間経過後に自動でアーカイブに保存されます。
ただし、自動アーカイブ機能をオフにしている場合は保存されず、手動でもできません。
また、24時間が経過する前にストーリーを削除した場合もアーカイブに保存されないため注意が必要です。

そして意外と知られていないのが「リポスト」と呼ばれる機能です。
twitterのリツイートや、facebookのシェアのようなもので、インスタグラム上の他アカウントの投稿をリツイートやシェアするように再投稿して、自分のタイムラインで紹介する方法です。
リポストの使い方はまず「Repost for Instagram」と呼ばれる専用アプリをダウンロードし、インスタグラムのアプリを開き、リポストしたいものを選んだら右上にある「・・・」をタップし、「URLをコピー」を選択します。
「Repost for Instagram」のアプリを開き、「New」に入っている先程コピーした投稿をタップします。

次に、オリジナルの投稿者を知らせるリポストのラベルのカラーと配置を選び、画面下の「Repost」ボタンをおします。
「Open Instagram」をタップするとインスタグラムのアプリが起動するので、通常通りに投稿したら完了です。

最後に、インスタグラムを使用する際に注意しなければならない機能が存在します。
それは「スクリーンショット」です。
他の人が投稿した写真や動画をスクショすると、その相手が自分とダイレクトメッセージをしたことのある相手の場合、DMの画面で自分が相手の投稿をスクショしたことがバレる、という機能があります。
バレないと思ってスクショしまくっていたという人は、これから注意した方がいいかもしれません。

ポイントを抑えて、インスタグラムをより賢く楽しく使いこなしましょう。